top of page

慢性腰痛の原因


整形外科などで手術が不要で原因の特定しずらい腰痛が全体の85%と言われ


当院に来院される患者様でも多くの方が悩まれています。





慢性腰痛の原因


腰周囲の筋緊張の問題、腰骨(腰椎)などの骨の問題、関節や靭帯の問題があります。


その中でも今回は筋緊張についてす。



長時間の中腰や骨盤の傾き、下肢の疲労等で引き起こされる筋肉の収縮が原因となる腰痛には


腰が反る(骨盤の前傾)パターンと丸くなる(骨盤の後傾)パターンがあります。


言い換えると、腰を反った時の腰痛か腰を曲げた(上半身を前に倒した)時の腰痛になります。




慢性腰痛の症状


朝起きると腰が痛い


仕事で長時間座っていると辛い


最近おしりの方まで痛い


お尻から脚にかけて痛い


など




慢性腰痛の対処法



・姿勢を改善する。


腰が反る(骨盤の前傾)パターンの場合お腹が出っ張る姿勢の方が多いので


少しお腹を引き締め骨盤を後傾させる意識が必要になります。


逆に、腰が丸くなる(骨盤の後傾)パターンの場合、腰の丸みと共に背中も


丸くなったり、膝が曲がっている方が多くいらっしゃるので


膝をしかり伸ばし背中を反る(骨盤の前傾)方になります。


またどちらも胸を張る(広げる)意識を合わせておこなって下さい。



・筋肉の緊張をほぐす。


運動や体操、ストレッチを定期的におこない筋肉の


収縮と弛緩を繰り返し緊張を緩和する。


血流を改善させ筋肉中の発痛物質を流す。


日々の姿勢を改善し腰に負担の少ない姿勢を意識する。





みなと鍼灸院では何をするのか?


当院では施術前に丁寧なカウンセリングを行い、


患者様それぞれのカラダの状態(骨格や筋緊張)を把握、


腰痛が出る姿勢や習慣が無いかを確認、


骨格や筋肉を正常な状態に戻すための鍼灸治療や整体を行います。


施術後は再度お身体のチェックを行い状態の変化を観察していきます。


最後に、患者様各自に立ち姿勢や座り姿勢の改善サポートや


必要なセルフケアを指導します。





お話しするセルフケアは何か?!


反り腰による腰痛の場合、腿の前側(大腿四頭筋や腸腰筋)のストレッチやエクササイズを


腰が丸い場合、ももの後ろ(ハムストリングス)のストレッチや腰を反るようなエクササイズのお話させて頂きます。



腰を前屈して痛い方


腰を反った時に痛い方




最後に


慢性腰痛は現代社会において多くの方に発症し


悩んでいる方がいらっしゃいます。


痛くなったら治療に行くではなく


自分で痛くならないように姿勢や習慣を改善したり


ストレッチや運動を定期的におこないて下さい。


また、当院に通院後でも痛みが取れたからと


セルフケアをさぼると腰痛を繰り返してしまいますので


しっかりとお体に良い習慣を身に着けて再発しないようにして下さい。


では!




-----------------------------------------------------------------------


初めての方は WEB予約で半額キャンペーン中!
























閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page