top of page

睡眠不足は損してる?


緊張型頭痛と慢性腰痛には

みなと鍼灸院



こんばんわ!院長の湊です。


ストレッチ


皆さんは毎日何時間ぐらい寝てますか?


一般的に適切な睡眠時間は7~8時間と言われています。


睡眠時間が6時間以下の方は要注意です。


では、睡眠不足ではどんなことが起こるのでしょうか?




睡眠不足では脳の記憶力が低下します。

睡眠不足では脳に記憶するスペースを作りれません。


新しい情報を取り入れる事が出来にくくなります。


更に学習した事をすぐに忘れてしまう短期記憶から


長く覚えていられる長期記憶に変更してくれなくなります。


徹夜は成績を下げるので気をつけましょう!



睡眠時間が短くなると、体重が増えます。

理由は満腹感を知らせるレプリンというホルモンの分泌が減り、


食欲を刺激するグレリンが増加します。


総じて食事の量が増えてしまうためです。


さらに、睡眠不足時は甘いものや炭水化物が欲しくなるのです。



睡眠不足はパフォーマンスを低下させます。

睡眠不足ではカラダの運動機能が低下し筋肉が疲れやすくなります。


更に、回復にも時間が掛かってしまうのです。


という事は、怪我のリスクが高くなるという事です。


睡眠不足では集中力を奪います。


短い睡眠で健全な認知機能を保てる人はほぼいないと言われています。




まとめ

いかがでしょうか?


睡眠不足になるとカラダにとって様々な良くないことが起こります。


逆に、睡眠をしっかりとるだけでこれらの事は改善していくという事でもあります。


患者様の中でも「寝る時間が無い」と言われる方はいらっしゃいますが


よくよくお話を聞くと、案外睡眠に変えられる時間はあります。


あとは睡眠とどれだけ向き合うかという事です。


「たかが睡眠、されど睡眠」です。


ご自身の健康はご自身で保っていきましょう!


では!!



-----------------------------------------------------------------------


初めての方は WEB予約で半額キャンペーン中!






閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page